帯広泌尿器科 TEL0155-38-2000
とかち泌尿器科 TEL0155-32-3232

尿潜血

尿潜血

主な症状

尿潜血

症状

尿潜血は、尿中の赤血球に含まれるヘモグロビンを試験紙法で検出したものです。健診などの尿検査で指摘されることが多いです。尿潜血は1+、2+、3+と表現され、尿中の赤血球数に比例しますが、他の要因に影響されますので正確ではありません。顕微鏡で尿中の赤血球を確認する必要があります。顕微鏡で赤血球を認める場合、顕微鏡的血尿と呼びます。

原因

血尿の原因としては、腎臓で作られた尿が尿路(腎盂、尿管、膀胱、尿道)を通る際に混ざる血尿と、腎臓で尿が作られる際に混ざる血尿の場合があります。 顕微鏡的血尿がある場合は、病気が潜んでいる可能性がありますので、詳しい検査が必要です。

検査

まずは、尿検査を行い、血尿の程度やタンパク尿の有無を調べます。さらに採血、CT検査、エコー検査(超音波検査)、尿細胞診などを行います。膀胱がんなどの可能性があれば、膀胱鏡(膀胱の内視鏡検査)が必要になります。タンパク尿を認め、腎炎などの腎疾患の可能性が高ければ、腎臓内科と連携して治療していきます。

考えられる病気としては

  • 尿路結石 (腎結石、尿管結石、膀胱結石)
  • 尿路感染症 (膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎)
  • 悪性腫瘍 (膀胱がん、腎盂がん、尿管がん)
  • 糸球体腎炎

など



人工透析について

お問い合わせ

泌尿器科Q&A

求人募集

AMS GreenLight HPS レーザーシステム