帯広泌尿器科 TEL0155-38-2000
とかち泌尿器科 TEL0155-32-3232

尿失禁

尿失禁

主な症状

おしっこが漏れる

症状

おしっこが自分の意思とは関係なく漏れてしまう状態を尿失禁といいます。急な尿意でトイレまで我慢できずに漏れてしまう切迫性尿失禁(UUI)や咳をしたときに尿が漏れたりする腹圧性尿失禁(SUI)などがあります。また、両方の尿失禁が合併した場合を混合性尿失禁と呼びます。

原因

膀胱は尿をためる臓器ですが、なんらかの原因で膀胱が過敏になり、尿がたまると膀胱が自分の意思とは関係なく勝手にしぼんで尿が出てもれてしまうことがあります。それを切迫性尿失禁(UUI)と呼びます。神経の病気が原因となることがありますが、神経が関わらない病気、原因がはっきりとしない場合もあります。膀胱炎などの感染症でも膀胱が過敏になり漏れてしまうことがあります。

膀胱や尿道の筋肉は骨盤の筋肉で支えられています。この骨盤の筋肉が弱り、咳をした場合に漏れてしまう尿失禁が腹圧性尿失禁(SUI)です。経産婦では骨盤の筋肉が弱っているのでSUIになりやすいと言われています。そのほかに、女性ホルモンの低下、便秘、肥満が原因となります。尿を漏れないようにしている筋肉である尿道括約筋の障害があっても漏れることがあります。

検査

まずは、尿検査を行い、炎症や血尿の有無を調べます。エコー検査(超音波検査)で前立腺の大きさや残尿の程度を調べます。排尿障害がある場合には、腎機能への影響がないか採血やCT検査を行うことがあります。腹圧性尿失禁の場合は、膀胱や尿道の形や動きを見るレントゲン検査などを行う場合もあります(膀胱造影検査)。

考えられる病気としては

  • 過活動膀胱
  • 神経因性膀胱
  • 腹圧性尿失禁
  • 前立腺肥大症

など



人工透析について

お問い合わせ

泌尿器科Q&A

求人募集

AMS GreenLight HPS レーザーシステム