帯広泌尿器科 TEL0155-38-2000
とかち泌尿器科 TEL0155-32-3232

急性膀胱炎

急性膀胱炎

急性膀胱炎とは

膀胱は腎臓で作られた尿を一時的にためておく袋状の器官で、下腹部の中央に位置しています。膀胱内に尿がたまると尿意を感じ、膀胱が収縮することで排尿することができます。膀胱炎は尿道から膀胱内に侵入した菌が膀胱内の粘膜に付着・定着し炎症を起こす疾患です。女性に多く、排尿時痛や残尿感など排尿に関する症状が出現しますが、発熱をきたすことはありません。膀胱粘膜は通常は肌色の平滑な粘膜ですが、炎症を起こすと赤く不整な粘膜となります。

男性で膀胱炎の症状がある場合には、前立腺肥大症や神経因性膀胱など排尿の問題、前立腺炎や尿道炎など膀胱以外の炎症である可能性があります。 また、膀胱炎を年に数回も発症するなど繰り返す方は尿路結石や膀胱機能の異常などが関係している場合があるため、検査をしてその原因を治療することで膀胱炎の再発は少なくなります。

症状

膀胱炎の症状としては、排尿時または排尿後にしみる感じや疼痛がある(排尿不快感、排尿時痛)、トイレへ行く回数が増える(頻尿)、排尿後にもまだ尿が残った感じがする(残尿感)、尿意が我慢しきれない(尿意切迫感)などがあります。炎症が強い場合は、粘膜から出血するため血尿が出現することもあります。高齢者の場合、下腹部痛や下腹部不快感、排尿時の違和感などの軽微な症状を呈することもあります。

膀胱炎のみで発熱をきたすことはなく、発熱があった場合は急性腎盂腎炎などの疾患に進展している可能性があります。急性腎盂腎炎まで症状が進展してしまった場合は入院治療が必要になることもあります。

原因

膀胱炎は、外界から膀胱内に侵入した菌によって引き起こされます。大腸菌が原因菌であることが多いですが、様々な菌が原因菌となりえます。解剖学的に女性は外尿道口と膀胱の間の距離が短いために外陰部の細菌が膀胱内に侵入しやすい構造をしています。そのため膀胱炎は女性に多く発症します。

通常は膀胱内に少数の細菌が入っても、膀胱粘膜に備わっている防御機能や尿の流れに伴う自浄作用によって細菌が洗い流されてしまうため、細菌が膀胱内に定着せず膀胱炎になることはありません。しかし、無理に排尿を我慢したり、冷えなどによって防御機能が低下したりすると、細菌が膀胱粘膜に定着しやすくなり膀胱炎が引き起こされます。

膀胱炎の重要な誘因としては、性行為と閉経があります。性行為は会陰部に付着した細菌を尿道内に押し込んでしまうため膀胱炎になる危険性が高くなります。また閉経すると、女性ホルモン(エストロゲン)が分泌されなくなるために膣内の環境が変化し膀胱炎になりやすくなります。

診断

尿検査を行い、膀胱炎の原因となる細菌や炎症の細胞である白血球が尿中にいないかを顕微鏡で確認すると、すぐに膀胱炎の可能性があるかが判明します。また、同時に尿の培養検査を行うことによって膀胱炎の原因菌を明らかにすることができます。培養検査は結果が判明するまでに数日かかりますが、抗菌薬治療の効果がなかった際に原因菌に適した抗菌薬に変更することによって、確実に治療することができます。

治療

膀胱炎の治療は抗生物質の内服です。抗生物質の種類にもよりますが、3~7日間の内服治療が必要です。飲み始めて数日で症状は消失しますが、再発を予防するために最後まできちんと抗菌薬を服用する必要があります。抗菌薬をきちんと服用しても症状が改善しない場合や、一旦は症状が改善するもののすぐに同じ症状が出現する場合は、膀胱炎以外の病気がないか詳しく検査をする必要があります。



人工透析について

お問い合わせ

泌尿器科Q&A

求人募集

AMS GreenLight HPS レーザーシステム